跳び箱を後方へ押す動作
ここから

跳び箱を押して跳びます跳び箱の一番のコツが跳び箱を後方へ押し出し、肩を手より前に前方へ送り出してあげる動作が、幼児や小学生の子供に必要なのです。以上。と言ってはあまりに乱暴すぎるので解説しますが、跳び箱に手を着いたらその手をしっかりと跳び箱を後ろに押す動作。よいしょと後ろに押してあげる事がコツです。画像でお伝えできないのが残念ですが、手を着いた時は肩は後方にあります。コレが跳んだあとに手よりも前に肩の位置が無くてはいけません。この押し出す動作が子供の日常生活にあまり無い身体的動作なのです。だから取得が難しい。ぞうきんがけを思い出して下さい。肩の位置が手より後ろにありますよね。ズコッとコケると肩の位置が手よりも前に出ているはずです。これです。この動きです。これを跳び箱の上で行えば誰でも跳び箱は跳べるのです。実際ご家庭での練習方法としては、よく皆様におススメするのが、「風呂に入った後子どもにマッサージをしてもらおう。」これで、子どもた跳び箱を跳ぶことができるようになり、お父様やお母様はマッサージで身体がラクになり一石二鳥、しかも親子のコミュニケーションも。やり方は簡単です。うつ伏せになって寝てもらい、その上に子どもが乗りお尻から頭まで両手を着きながら、よいしょよいしょ、と前に進んでいき、頭まで終わったらまたお尻からスタートする動きを何度も練習するのです。これで肩の動きをマスターすれば絶対に跳び箱は跳べます。自信を持ってお勧めしますのでお試し下さい。

ここまで

東京のびのび教室


Copyright (C) 2010 Nobinobi Tokyo Corporation. All Rights Reserved

Last Update '10.06.17