なぜ跳び箱を跳ぶのは難しい
ここから

跳び箱を跳ぶにはコツがある子ども達が跳び箱を跳べない理由…。やはりきちんとした話があるわけです。しかし、縄跳び、鉄棒、跳び箱で言えば、一番簡単で、短時間で成功体験が出来るのが跳び箱です。すぐに出来るようになれば、子ども達のモチベーションも上がり自信へとつながること間違いなしです。春から夏休みに向けてレッスンした方が宜しいのでは…。さて、跳び箱は誰でも跳ぶ事が出来ます。もちろん幼児や幼稚園の低年齢でも簡単に。考えてみてください。小さな箱をまたぐことは誰でも出来ますよね。もちろん、それでは跳んだ事にならないのですが、大きさや高さの違いがあっても、まずはまたぐ事が出来れば、誰でも跳ぶ事が出来るのです。では、「なぜ跳び箱を跳ぶのが難しいか」それは、体操の多くの種目について言えることですが、ほとんどが日常生活に無い身体の動きだからです。特に現代のこども達の日常生活には。跳び箱で言えば、肩の前方送り出しです。?と思われすかもしれませんが、学校の廊下をぞうきんがけする事を思い出して下さい。そうです。あのカタチが日常生活ではだいぶ見ることが無くなってきました。途中でぞうきんが止まって顔を地面にぶつけたことや転んだ事って誰でも経験ありますよね。でも、答えはそれです。では、実際は跳び箱を跳ぶコツを教えましょう。

ここまで

東京のびのび教室

【その他のコツが知りたい方はボタンをクリックして、次の記事へどうぞ。】

Copyright (C) 2010 Nobinobi Tokyo Corporation. All Rights Reserved

Last Update '10.06.16