ジュニアバッチテスト合格への道
ここから

Jrバッチテストの合格の秘訣は2010シーズンより、ジュニアバッチテストの要項が大幅に(今までにないくらい本当に大きく)変更になります。日本連盟では以前からの指摘で変更を考えていたようですが、シーズン開催前の11月中旬でやっと、各スキー学校に正式に伝達があったようです。が、公表した内容に一部誤りがあり、スキー学校経由で正式に分かったのは12月初旬です。シーズンも始まる直前ですね。これには困ったものです。(全日本のHPでも公開になっていないですし…。)しかしそんな事はどうでも良い事であって、一番は子ども達がスムーズにストレスなく検定に移行できるかがポイントです。子供達には大人の事情などあまり関係ないのですから。
画像にあるように、今までのジュニアバッチテストではポールのタイム(スラローム)でジャッジしていました。しかし、今までも「これでは一般の級を受験した時の基礎スキーとの整合性があまり無いのでは?」との事が言われており、そこで、今シーズンより、『ジュニアバッチテストにポールの種目は一切なくなり、基礎スキーを中心とした講習内検定で実施する。』ようになりました。気になる評価と基準ですが、お伝えしたい事が沢山あるので、また、こちらのページにてきちんと精査した上で公開したいと思います。子供スキー教室まであと1週間です。今年はどんなスキー教室になるのでしょうか?楽しみです。

ここまで

東京のびのび教室


Copyright (C) 2010 Nobinobi Tokyo Corporation. All Rights Reserved

Last Update '09.12.03